知らない町のいつもの光景

nammono.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 19日

平行線

よく晴れた夏日に、スズメ達が暑そうだったのでペットボトルの
水を打ち水代わりにとまいた瞬間、空から雨が降ってきた。

しかも豪雨と呼べる雨が降ってきた。しばらくすると雨は止んで
雨がやんだあと特有の香りが辺り一面に漂い、とりあえず僕は
雨に濡れたメガネを拭いた。ねずみ色だった空もすっかり晴れて

蝉は仰向けになり、ジタバタとなにかを掴もうとしていました。

c0176209_20104618.jpg


自身が掴もうとしているものも同じようにいつまでもピントが合わない。
[PR]

by ozzaken | 2010-08-19 20:11 | 日々


<< はしご      雨 >>