知らない町のいつもの光景

nammono.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 30日

底を捨て町を行く

10年以上履いていた革靴の底が、バコッとはがれてしまった。
パッと見は普通の革靴を履いているようなのだが実は裏側は
裸足という、某コミックスの貧乏キャラのような気持ちになった。

ただ、一緒にいた人が笑ってくれたから結果オーライでしょう。

c0176209_0491988.jpg


北京料理屋さんがあった。ここに行けば北京に行かなくても
北京料理が食べられるのだろうか。きっと食べられるに違いない。
[PR]

by ozzaken | 2010-08-30 00:39 | 日々


<< 涼      はしご >>