カテゴリ:日々( 48 )


2010年 12月 19日

それはじつに見えないな。いないかのよう。

最近は、用事で日比谷に立ち寄ることが多くなった。

地下鉄の長い何色にも例えようのない道が奥の奥まで続いていた。
実際に自身は何を考えているのか歩くたびに忘れていくような、
そんな気がしていた。すれ違う人たちはどのような目的をもって
この地下通路を歩いているのでしょう。もしかしたら足が存在せず

浮遊しているのかもしれない。重みのある、ぶよりとした物体は
交差し続けて地下で出口を求めうようよしているのだろうな。
幼い頃に見た、小さな泥のくぼみに出来た水溜りで、うようよと

もがくだけの糸ミミズのようだった。出口に出ると一瞬で静寂と
真っ黒な光景が目の前に広がり、そんな思いもフェードアウトした。

c0176209_22242553.jpg

[PR]

by ozzaken | 2010-12-19 22:26 | 日々
2010年 11月 28日

静寂

c0176209_20145761.jpg

[PR]

by ozzaken | 2010-11-28 20:15 | 日々
2010年 11月 14日

きょうはくとひょうはく

東京まで用事があったので、異国の味を堪能してきた。

バナナの葉の上にのった数種類のカレーに米やパン。
手で食べるよう勧められたが横にスプーンがあったので
スプーンで食べてしまった。飲み込むたびに胃や腸が、

異国に染められていくのがわかった…。

わかったようでなんにもわかっていないのかもしれない。

なんとなく、ただなんとなくだけど、脅迫と漂白。
言葉の響きと意味することは、関係しているような気がしてきた。

c0176209_2041896.jpg

[PR]

by ozzaken | 2010-11-14 20:04 | 日々
2010年 10月 23日

記憶

「人生」と書いた、ハガキをポストに入れる夢を見ました。

生活している中で、知らぬ間に何かを記憶していたりして
ある時に、どこかで聞いたような気がする。と思い出そうとし
そのときに聞いたことだったと手繰り寄せられる記憶ですが、

まれに思い出す直前に、ふわっと消えてしまう事もあります。

その仕組みは謎であり、繊細なものなのだなと感じたりした。
[PR]

by ozzaken | 2010-10-23 11:56 | 日々
2010年 10月 17日

Back To Back

久しぶりに高円寺にて、清野さん、押切さんとお酒を飲んだ。

久しぶりに触れた人の優しさと、目の前に広がる懐かしい光景に
ふと過去に戻ったようなそんな気がしたけど今の僕はちょっと
違うなと感じた電車の中。そっとスペアのメガネを装着してみた。

c0176209_213548.jpg

[PR]

by ozzaken | 2010-10-17 21:02 | 日々
2010年 10月 13日

10

朝がとても快適になったような気がする。ヤマガラがどこかで
鳴いていたので、鳴き返してみたらヤマガラも鳴き返してくれた。

鳴き続けていたら曲がり角から、大学生風の女性が歩いてきました。

きっと聞かれたと思う。ヤマガラにも女性にも聞かれたに違いない。
[PR]

by ozzaken | 2010-10-13 21:13 | 日々
2010年 10月 10日

ダミー

c0176209_14432694.jpg

[PR]

by ozzaken | 2010-10-10 14:47 | 日々
2010年 10月 02日

ドア

靴屋で靴を買う。サイズは27.5ですが、購入した靴のサイズは26でした。

というのも靴屋の主人から、履いていればその内、馴染むから大丈夫。
と言われたからでした。最初は窮屈だったけれど、今では足の一部となった。

もしかしたら僕の足は27.5ではなく、26.0だったのかもしれない。
26.0だったのに、27.5の靴を履いていたのかもしれない。生き物は
思い込みによってある程度の環境でも対応してやってけるのだなと思った。

むかし、真空パックの餅が緑色になっていたので、よく見てみたらそれは
ひとつひとつの小さな緑色の虫の集まりだった。どのようにして発生して
それらは増えていったのかは不明だが、それらもひとつの思い込みから

真空パックの密閉された空間の中で、餅を中心とした世界となったのでしょう。
[PR]

by ozzaken | 2010-10-02 18:04 | 日々
2010年 09月 26日

生あたたかく。それは夢。

なんとなく目覚めて、なんとなく渋谷まで向かったのだ。

それは前日の夜、知り合いがお手製の、うどんを僕に
作ってご馳走してくれるというので渋谷で待ち合わせ。
ということになったからです。109を通り過ぎた辺りで

前日の夜、約束した事が全て夢だったと気がつきました。

c0176209_20143719.jpg


メールの受信、送信欄をチェックしてもそんなやり取りした履歴が
なんにもなかった。振り返ると彼がそこに存在していただけだった。

「溝鼠のように美しくなりたい」そんな言葉が彼に当てはまった。
[PR]

by ozzaken | 2010-09-26 20:19 | 日々
2010年 09月 25日

ゆがむみらい

c0176209_20141011.jpg

[PR]

by ozzaken | 2010-09-25 20:14 | 日々